機能紹介:ホスト情報画面・サービス情報画面

ホストIDを開くと「ホスト情報」、サービスIDを開くと「サービス情報」ページが開きます。

ホスト情報画面・サービス情報画面

ホスト情報・サービス情報

「ホスト情報」では、そのホストの現在の状態、監視のイベントログ、通知履歴、コメント等が表示できます。
あらかじめ構成情報を登録したり、ドキュメントを設定することで、運用で必要な情報を表示させることが可能です。

構成管理
構成管理

構成管理

構成情報としてハードウェア情報、ソフトウェア情報、設置場所、設置ラックの情報を登録しておくことで、運用に必要な情報に素早くアクセスすることができます。
また、対応機器の場合はSNMPから機器の情報を自動取得してX-MONの構成情報として登録することができます。
※ハードウェアメーカーとハードウェア名の取得は一部製品のみ対応しています。対象製品はCISCO、DELL、YAMAHA、Juniperの製品となります。

構成管理

ドキュメント

あらかじめ必要なドキュメントをX-MON上にアップロードしておくことで、障害対応手順や運用に必要な情報を参照できます。
障害発生時に該当サービスを開くだけで手順書や連絡先の資料を開くことができます。

関連付けられたドキュメント

リンク

データセンターの所在地情報を記載したサイトや、機器メーカーのリンク情報などを登録しておくことで、運用に必要な情報を素早く参照できます。

関連付けられたドキュメント

コメント機能

監視対象のホストやサービスに対してコメントを残すことができます。これにより、対応時の記録を残したり、複数のユーザ間でも情報の共有ができます。

コメント機能