機能紹介:監視対象ホストの設定と管理

監視設定を行うには、まずホストの登録作業が必要となります。
「ホスト管理」の新規作成画面からホストの名称やIPアドレスを入力してホストを登録します。
ホストの監視や障害時の通知もここで行います。
X-MON 3系からはホストにSNMPやWMI(Windows用)の認証設定を入力しておくことで、このホストにSNMPやWMIを使った個別の監視を追加する際の認証設定を自動補完できるようになりました。

ホストの作成

ホストの検出

IPアドレスの範囲を指定し、その範囲で検出されたホストを一括でX-MONへ登録することができます。

範囲
検出結果画面

アイコン管理

ホストにはアイコンを設定することができ、ホスト・サービスの一覧表示やマップ画面でアイコンつきで表示させることができます。
アイコンの画像は任意のものをX-MONへアップロードして登録することもできるので、実機の画像等わかりやすい画像を使うこともできます。

アイコン管理
マップ