機能紹介:主な監視項目

サービス/プロトコル監視

基本的なサービス・プロトコル監視としてPING、HTTP、HTTPS、SMTP、POP3、IMAP、FTP、RPC、RADIUS、DHCP、DNS、NTP、SSH、LDAP等のサービス、特定TCPポート、UDPポートのオープン状態の監視ができます。
例えば、HTTP/HTTPS監視では、IPベースバーチャルホスト・名前ベースのバーチャルホスト、更にはURLのパスやBASIC認証情報、監視対象ページに含まれる文字列の監視、応答時間のような細かい条件を指定することも可能です。また、応答時間をグラフとして書き出すことも可能です。

「サービスの詳細」画面「サービス監視用コマンド」で「HTTPネームベースバーチャルホスト」を選択した画面

トラフィック監視

サーバやネットワーク機器のトラフィックを監視することができ、設定した閾値でアラートを出すことが可能です。取得した値はグラフとして書き出すことができます。

トラフィックのグラフ
「サービスの詳細」画面「サービス監視用コマンド」で「Linux/Unix系リソース監視(SNMPv1,v2対応)」を選択した画面

リソース監視

監視対象サーバのCPU使用率、メモリ使用率、ロードアベレージ、ディスク使用率、プロセス数のようなリソースを閾値つきで監視することができます。取得した値はグラフとして書き出すことができます。
Linux/Linux系OSの場合はSNMPまたはエージェントを導入することでこれらのリソース管理が可能になります。

リソースのグラフ
「サービスの詳細」画面「サービス監視用コマンド」で「Linux/Unix系リソース監視(SNMPv1,v2対応)」を選択した画面

DB監視

Microsoft SQL Server、MySQL、PostgreSQL、Oracle Databaseの監視に対応しています。それぞれ実際にDB上のアカウントでデータベースへログインできるかといった監視になります。
※Oracle Databaseの場合、標準で対応できるのはLinuxホスト上でエージェントを使った監視となります。

「サービスの詳細」画面「サービス監視用コマンド」で「Linux/Unix系リソース監視(SNMPv1,v2対応)」を選択した画面

Windows Server監視

Windowsサーバの場合もCPU使用率、メモリ使用率、ロードアベレージ、ディスク使用率、プロセスようなリソースを閾値つきで監視することができます。取得した値はグラフとして書き出すことができます。
エージェントNSClient++を使用した監視のほかに、Windows標準のWMI機能を使用したエージェントレスの監視が可能となりました。
また、WMIを使ったイベントログの監視にも対応し、イベントログで特定のイベントID、イベントタイプ、監視したい文字列を指定して条件が一致した際にアラートを出すことができます。

リソースのグラフ
「サービスの詳細」画面「サービス監視用コマンド」で「WMIによるWindowsメモリ空き容量監視」を選択した画面
「サービスの詳細」画面「サービス監視用コマンド」で「WMIによるWindowsイベントログ監視」を選択した画面

VMware監視

VMware vSphere/ESXiを監視対象機器に特別なエージェントなしで監視できます。
ハードウェア監視、データストア使用率、CPU使用率、メモリ使用率、物理NICトラフィック監視、仮想スイッチトラフィックのようなハイパーバイザーに関する監視とゲストのCPU使用率、ゲストのメモリ使用率のようなゲストのリソース監視も可能です。

リソースグラフ(データストア使用率,メモリ使用率等のリソースグラフが存在する画面)
「サービスの詳細」画面「サービス監視用コマンド」で「VMwareデータストア使用率監視」を選択した画面

Amazon Web Services監視

X-MONバージョン3.0.7より、Amazon Web Service(AWS)の監視に対応しました。
EC2インスタンスのCPU使用率、トラフィック、RDSインスタンスのCPU使用率、空きメモリ、ストレージ空き容量、遅延といった監視に加え、AWSの課金額の監視を行うことができます。
また、X-MONバージョン3.3.0より、Clowd Watchに追加したカスタムメトリクスの監視が可能になりました。

AWSのホストリソース表示画面
AWS設定画面
サービスの設定画面

TRAP管理

ネットワーク機器やサーバからのSNMP TRAPをX-MONで受信し、受信したTRAPに応じてX-MONで通知を行うことができます。

X-MONにはあらかじめ標準MIBと特定ベンダーのプライベートMIBが含まれています。X-MONに存在しないMIBについては、MIBファイルがあればX-MONに登録することができます。
TRAP監視を行うには、MIB一覧から監視したいTRAPのOIDを選択して通知条件を設定します。

受信したTRAPは「TRAP履歴」で確認することができます。通知条件を指定していないTRAPは「不明TRAPログ」として記録されますので、ここで実際に飛んできたTRAPを確認してから監視設定を行うこともできます。

MIB一覧
SNMP TRAP通知条件の詳細
TRAP履歴

syslog管理

ネットワーク機器やサーバからのsyslogをX-MONで受信し、受信したログに応じてX-MONで通知を行うことができます。

「syslog通知条件の設定」画面

Web改ざん監視

Webサーバのコンテンツのハッシュ値を取得し、ファイルが改ざんされたかの確認を行うことができます。

「Web改ざん監視」イメージ
「Web改ざん監視の警告」画面

Webストーリー監視

Webサーバに対して予め指定したGET/POSTリクエストを実行することで、ログイン処理等を実施しWebアプリケーションの稼働状況の確認を行えます。

「Webストーリー監視」ECサイト監視の一例
「Webストーリー監視結果」画面