機能紹介:ユーザ管理機能

X-MON上のユーザアカウントの権限は以下のように分類されており、必要に応じた権限のユーザを作成して運用することができます。

ユーザ権限の表
※「システム管理者」と「運用責任者」の違いはライセンス等を管理する「システム情報」部分のアクセス権の違いです。

「システム管理者の表示」「閲覧者の表示」
システム管理者、運用責任者、オペレータは監視メニューと管理者メニューの両方が表示されますが、閲覧者については監視メニューのみが表示されます。
「閲覧者」権限のユーザには特定ホストグループの情報のみ表示させることも可能です。そのユーザが管理するシステムの情報だけをX-MONで提供するといった使い方ができます。

「システム管理者の表示」「閲覧者の表示」
閲覧者でログインした場合、各監視メニューにおいて、表示が許可されているホストグループのみが表示されます。

承認機能

X-MONに情報を反映させるには、「承認」というプロセスが必要となります。「システム管理者」または「運用責任者」権限のユーザに承認されてはじめてX-MONに設定が反映されます。
「システム管理者」と「運用責任者」は設定の編集と同時に承認も行うことができますが、「オペレータ」は編集のみ行うことができます。
編集内容を「システム管理者」または「運用責任者」権限のユーザが確認して「承認」をして設定の反映、もしくは「承認を拒否する」を選択して設定内容の破棄を行うことができます。

設定変更一覧
「設定変更一覧」から「詳細表示」

LDAP認証機能

ユーザとLDAPサーバのアカウントを紐づけ、LDAPサーバのアカウント・パスワードによってX-MONへログインすることができます。

LDAPサーバ管理
「LDAPサーバ管理」「ユーザの一括登録」