機能一覧 functions

管理機能

セットアップウィザード

初回のみ、セットアップウィザード画面が表示されます。この画面ではX-MONの動作に必要な管理者のパスワード設定、メールの送信設定等が可能です。

ウィザード

ホストの設定

ホスト管理

監視設定を行うには、まずホストの登録作業が必要となります。
「ホスト管理」の新規作成画面からホストの名称やIPアドレスを入力してホストを登録します。ホストの監視や障害時の通知もここで行います。

X-MON 3系からはホストにSNMPやWMI(Windows用)の認証設定を入力しておくことで、このホストにSNMPやWMIを使った個別の監視を追加する際の認証設定を自動補完できるようになりました。

ホストの作成

また登録された認証設定を元に、X-MONからの疎通状況を管理画面より確認することができます。

ホストの検出

IPアドレスの範囲を指定し、その範囲で検出されたホストを一括でX-MONへ登録することができます。

範囲
検出結果画面

ホスト・サービス登録コマンド

監視対象となるLinuxやWindowsサーバより専用のコマンドを実行することで、X-MONサーバにホスト・サービスの登録ができます。
監視に必要なSNMP・NRPE(NSClient++)・WMIなどのエージェントも、自動でセットアップが可能です。

サービスの設定

監視サービスの設定

「ホスト管理」からサービスを追加したいホストの「サービス設定」を開き、ここでサービスの作成を行います。
「サービスの作成」画面では、監視に使いたいテンプレート(サービス監視用コマンド)、障害発生・復旧時の通知先、監視時間帯等の設定ができます。

監視のテンプレートによっては、応答時間やリソースの使用率に応じて閾値を設定することができ、その閾値もこの画面で設定できます。

サービスの作成

かんたん監視登録

指定したホストのスキャンを行い、監視可能なサービスの一括登録を行います。
本機能を利用することで、X-MONを初めてご利用の方にも簡単に監視を始めていただくことができます。

かんたん監視登録

SNMPサービス一括作成

SNMPを利用したサービスの登録を一括で行うことができます。
snmpwalkにて自動で値を取得しますので、ネットワーク機器やサーバの監視設定の手間を省くことができます。

SNMPサービス一括作成

ホスト・サービスのグループ化

ホストやサービスをグルーピングしておくことでグループ毎にまとめて表示することができます。

監視テスト機能

テスト実行を行い実際の監視結果を確認しながら登録することができます。

サービスの作成

監視パッケージ

複数の監視サービスを「監視パッケージ」としてひとまとめにすることができます。

監視パッケージ内の個々のサービスには、あらかじめ閾値や通知設定、エスカレーション設定等も設定しておくことができます。
似たような構成のホストをいくつも監視設定する場合に、あらかじめ監視パッケージを用意しておけば、監視追加が容易になります。

監視パッケージ

監視時間帯の管理

時刻設定管理

「時刻設定管理」で監視対象時刻や通知対象の時刻を設定することができます。
例えば、平日9時~18時とそれ以外の時間を別々に設定しておき、時間帯と曜日によって通知先を分けることも可能になります。

時刻設定の編集

除外時刻設定管理

監視を除外する時間帯を設定することができます。
例えば、深夜にバックアップジョブが動き、必ず高負荷になるシステムの監視を除外するといった使い方ができます。

除外時刻設定の編集

設定一括変更

すでに登録されているホスト、またはサービスの設定を一括で変更することができます。
例えば、担当者が変わって複数のホストやサービスの通知先を一括で変更したい場合等、1つ1つ設定変更を行う手間を省くことが可能です。

CSVエクスポート/インポート

ホスト・サービス

監視ホストとサービスの登録をCSVファイルより一括登録することができます。
大量のホスト、サービスを追加する際も、CSVファイルを使うことで負荷を削減できます。

また、監視ホストとサービスの設定情報をエクスポートすることも可能です。

「CSVファイルインポート」画面

通知エスカレーション設定

ホスト・サービスの通知エスカレーション設定をCSVファイルより一括登録することができます。
新しく追加した複数ホストへの一括適用や、既存のエスカレーション設定をエクスポートし、設定を一括で変更することができます。

アイコン管理

ホストにはアイコンを設定することができ、ホスト・サービスの一覧表示やマップ画面でアイコンつきで表示させることができます。

アイコンの画像は任意のものをX-MONへアップロードして登録することもできるので、実機の画像等わかりやすい画像を使うこともできます。

構成情報の管理

構成管理

構成情報としてハードウェア情報、ソフトウェア情報、設置場所、設置ラックの情報を登録しておくことで、運用に必要な情報に素早くアクセスすることができます。

また、対応機器の場合はSNMPから機器の情報を自動取得してX-MONの構成情報として登録することができます。

※ハードウェアメーカーとハードウェア名の取得は一部製品のみ対応しています。対象製品はCISCO、DELL、YAMAHA、Juniperの製品となります。

構成管理

ドキュメント管理

あらかじめ必要なドキュメントをX-MON上にアップロードしておくことで、障害対応手順や運用に必要な情報を参照できます。

障害発生時に該当サービスを開くだけで手順書や連絡先の資料を開くことができます。

関連付けられたドキュメント

バックアップ管理

X-MONの設定情報、グラフ、ログ等をバックアップすることができます。バックアップは5件までX-MON上に残すことができ、過去のバックアップから設定のリストアを行うこともできます。

また、バックアップファイルのダウンロード、ダウンロード済みファイルのアップロードも可能です。

ユーザ管理

X-MON上のユーザアカウントの権限は以下のように分類されており、必要に応じた権限のユーザを作成して運用することができます。

ユーザ権限の表

※「システム管理者」と「運用責任者」の違いはライセンス等を管理する「システム情報」部分のアクセス権の違いです。

「システム管理者の表示」「閲覧者の表示」

システム管理者、運用責任者、オペレータは監視メニューと管理者メニューの両方が表示されますが、閲覧者については監視メニューのみが表示されます。

「閲覧者」権限のユーザには特定ホストグループの情報のみ表示させることも可能です。そのユーザが管理するシステムの情報だけをX-MONで提供するといった使い方ができます。

「システム管理者の表示」「閲覧者の表示」

閲覧者でログインした場合、各監視メニューにおいて、表示が許可されているホストグループのみが表示されます。

LDAP認証機能

ユーザとLDAPサーバのアカウントを紐づけ、LDAPサーバのアカウント・パスワードによってX-MONへログインすることができます。

承認機能

X-MONに情報を反映させるには、「承認」というプロセスが必要となります。「システム管理者」または「運用責任者」権限のユーザに承認されてはじめてX-MONに設定が反映されます。

「システム管理者」と「運用責任者」は設定の編集と同時に承認も行うことができますが、「オペレータ」は編集のみ行うことができます。

編集内容を「システム管理者」または「運用責任者」権限のユーザが確認して「承認」をして設定の反映、もしくは「承認を拒否する」を選択して設定内容の破棄を行うことができます。

API機能

X-MONにログインせずに、監視結果の取得や監視設定の変更を行うことが可能です。

API

操作可能なリクエストメソッドに関しては、サポートサイトにて配布しております「X-MON APIドキュメント」よりご確認ください。
X-MON API 機能を利用する場合、アクセスキーを発行する必要があります。

90日間お試し無料 サーバ・ネットワーク・クラウド監視ソフトウェア、まずは使いやすさを体験してください。

X-MONをご検討中のお客様

0800-9191-365

クイック クイック さんろくご
受付時間 月~金(土日祝を除く)9:00~17:00

サポートをご契約中のお客様

06-4391-3334

受付時間 月~金(土日祝を除く)9:00~17:00