お知らせ・リリース情報 News

X-MON Ver.3.13.1 リリースのお知らせ

2021.06.30

この度、Red Hat Enterprise Linux(以降RHEL) 8 への移行対応と、不具合の修正を合わせた Ver.3.13.1をリリースいたしました。
RHEL 6/7環境へインストールしたX-MONのバックアップを、RHEL 8環境にインストールしたX-MONへリストアが可能です。
またRHEL 6に関しては、今回のアップデートが最終バージョンアップとなります。

サポートサイトよりログイン後、ダウンロードを行ってください。

移行時の注意点

NRPEやNSClient++エージェントを使用し監視を行う環境がある場合

RHEL 8環境のX-MONからNSClient++を用いたWindows Server監視を実施するには、
事前にNRPEエージェントとNSClient++エージェントをアップデートする必要があります。

NRPEエージェント:
3.10.0以前のX-MONバージョンを使用してNRPEエージェントを被監視環境へインストールしている場合
マニュアル「NRPEアップデートマニュアル」をご確認いただき、エージェントの更新をお願いします。

NSClient++エージェント:
バージョン0.3.9のエージェントを被監視環境へインストールしている場合
サポートサイトより3.13.1に対応したパッケージをダウンロードの上、マニュアル「NSClient++アップデートマニュアル」をご確認いただき、エージェントの更新をお願いします。

また、更新したNSClient++では、ファイルサイズ監視のパフォーマンスグラフで描画される値の単位はバイトに換算するようにしました。 前バージョンでは、監視値の単位に合わせて換算していました。
このため、これまでキロバイト、メガバイト等で描画されていたパフォーマンスグラフにおいて
NSClient++アップデート以降で監視値としきい値が大きくなりますが、これはバイト単位に換算された影響によるものです。
なお、この現象に伴う監視への影響はありません。

不具合修正の内容については、3.13.1版アップデート内容を御覧ください。

90日間お試し無料 サーバ・ネットワーク・クラウド監視ソフトウェア、まずは使いやすさを体験してください。

X-MONをご検討中のお客様

0800-9191-365

クイック クイック さんろくご
受付時間 月~金(土日祝を除く)9:00~17:00

サポートをご契約中のお客様

050-1746-9324

受付時間 月~金(土日祝を除く)9:00~17:00