ご購入前のよくある質問 FAQ

製品に関する質問

  • X-MONの名称はどこから来たのですか?
    エクストランス モニタリング シリーズ(X-Trans Monitoring Series)の略です。
  • 現在使用しているX-MONのバージョンを確認するにはどうしたらいいですか?
    監視メニューの「システム情報」よりX-MONのバージョンを確認して頂くことが可能です。
  • X-MONは何を監視してるのですか?
    サーバやネットワーク機器の死活監視やリソース監視、性能監視を行えます。
    また、syslogやTRAP、WEB改ざんの監視など多数の監視を行うことが出来ます。
  • 他の監視ソフトとの違いは何ですか?
    オープンソースベースでの開発並びに自社開発のためコストパフォーマンス良く提供可能です。
    また、多数の監視項目がございますので、X-MON1台で多くの監視を行うことが出来ます。
  • Nagiosとの違いは何ですか?
    製品保証及びサポートがございますので、ご安心してご利用して頂くことができます。
    また、Nagiosにはない多数の監視用プラグインをご用意しておりますので、
    お客様のニーズに合った監視をすぐ行うことが出来ます。
  • 導入することにどんなメリットがあるのですか?
    以下のようなメリットがございます。
    • 所有しているサーバ類を一括監視が可能。
    • 所有しているサーバ類の構成情報やドキュメントを一括管理が可能。
    • 障害が発生した際に自動で復旧させることが可能。
    • 監視業務を外部に発注するより安価。
  • 10ノード版、50ノード版、Standard版の違いは何ですか?
    X-MON1台で監視が行える対象の数です。
    10ノード版では10台、50ノード版では50台、Standard版では無制限に監視が行えます。
  • ノードというものは何ですか?
    ノードとは監視対象を指します。
    10ノード版の場合、10台の監視対象を監視することが出来ます。
  • 障害検知時どのような方法で通知してくれるのですか?
    以下の方法により、障害を通知致します。
    • Webブラウザ上での監視画面及びアラート音
    • 通知メール
    • 警告灯
    • SNMP TRAP
    また、その他にも障害検知時にお客様が作成されたコマンドを実行することも可能です。
  • X-MONにはどのような販売形態がありますか?
    販売形態は以下がございます。
    • ソフトウェア版…X-MONが入ったCDをご提供します。
    • アプライアンス版(X-MON BOX)…X-MONをインストールしたサーバをご提供します。
      レンタルにつきましても承っております。
    • バーチャルアプライアンス版…X-MONをインストールした仮想マシンのOVFテンプレートをご提供します。
  • 導入実績を教えてください。
    導入実績はこちらをご参照ください。
  • 必要な動作環境を教えてください。
    ソフトウェア版
    OS:Red Hat Enterprise Linux 6 (64bit)
    Red Hat Enterprise Linux 7 (64bit)
    CPU:Intel Xeon 2GHz以上(Quad Core以上推奨)
    メモリ:4GB以上(パフォーマンスデータ処理有効時は8GB以上を推奨)
    HDD空き容量:146GB以上(500GB以上推奨)

    バーチャルアプライアンス版
    CPU:4VCPU以上
    メモリ:4GB以上(パフォーマンスデータ処理有効時は8GB以上を推奨)
    HDD空き容量 : 146GB以上(500GB以上推奨)
  • X-MONに無い機能の追加をしてもらえますか?
    お客様の御要望に合わせたX-MONのカスタマイズを有償で行っております。
    御要望がございましたら、弊社営業部へ電話又はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
    ただし、カスタマイズ内容によって、今後バージョンアップが行えなくなる場合がございますので、ご了承ください。

90日間お試し無料 サーバ・ネットワーク・クラウド監視ソフトウェア、まずは使いやすさを体験してください。

X-MONをご検討中のお客様

0800-9191-365

クイック クイック さんろくご
受付時間 月~金(土日祝を除く)9:00~17:00

サポートをご契約中のお客様

06-4391-3334

受付時間 月~金(土日祝を除く)9:00~17:00